アックスマン:ニューオリンズの住民を長く震え上がらせた斧使い【世界の未解決事件】

アックスマン:ニューオリンズの住民を長く震え上がらせた斧使い【世界の未解決事件】
Pocket

どーも皆さんこんばんわ

ゲーム探偵でおなじみ、ガンダルフと申します。

 

 

今回ご紹介する未解決事件はコチラ

 

アックスマン事件

1918年5月から1919年10月まで、ルイジアナ州ニューオリンズにて発生したシリアルキラー「アックスマン」による連続殺人事件

名前の理由はもちろん凶器。

 

当時のニューオリンズは、まるで暗闇に包まれたようになりました。

人々は、いつ自分が襲われるのかわからない恐怖を抱え、毎朝無事に起床できたことを感謝しつつ新聞を開きます。

 

最初の事件 

最初の事件は1918年5月23日、ジョセフ・マッジョとその婦人が、彼らの営む食料品店上にあるアパートで寝ているところを襲われました。

 

警察の調べによると裏口の鍵が破られており、ここから犯人は侵入したと考えられます。

婦人の遺体はカミソリで喉を切り裂かれていましたが

逃走前に斧で頭を切り離しています。

ジョセフは当初生きたまま発見されますが、残念ながら発見後数分で無くなりました。

第一発見者はジョセフの兄弟、ジェイクとアンドリューの2人。

隣接するアパートに住んでおり、うめき声を聞いたとして、襲撃から約2時間後にジョセフの家のドアを蹴破り強制侵入しています。

現場に残されていたのは、犯人が着ていたと思われる血まみれの服。

殺人現場で服を着替え、正体を隠したのちに逃走したんでしょう。

しかし・・・

宝石、金品などは一切手つかず

強盗目的であるならば、金品の強奪は絶対条件。

また、婦人の遺体近くから落書きが発見されました。

“Mrs. Joseph Maggio will sit up tonight. Just write Mrs. Toney”

( マッジオ夫人は今夜眠れない、トニー婦人のように ) 

怨恨の線で捜査を進めることにしました。

 

婦人の首を切ったカミソリは、庭の芝生にまぎれて捨てられており、カミソリの出所は、アンドリューの営む理髪店のものであることが判明。

理髪店の従業員エスタバンは、殺害の2日前に被害者のジョセフがカミソリを持ち去ったと警察に証言しています。

何人かの容疑者を逮捕し尋問したんですが、残念ながら警察は証拠不十分により、全容疑者を釈放しました。

 

過去の事件発覚

捜査官たちは、同様の事件が過去に発生していないか古いファイルを調べ始め、結果1911年に3件のイタリア食料雑貨店経営者への襲撃事件を見つけます。

全ての事件に斧が使われており、家への侵入は裏口から。

しかし、どの事件も未だ未解決。犯人の特定には至りませんでした。

 

 

最初の事件から約一ヵ月後、2度目の事件が発生。

1918年6月27日、同じく食料品店を営むルイス・ボスマーと愛人のハリエット・ロウが、店内に出来た血だまりに横たわっているところを、朝7時に店へパンを届けに来たベーカリーショップ経営者によって発見されました。

 

なんと、この2人は生存者

ボスマーは頭蓋骨骨折、ハリエットは左耳上に深い切り傷。

それでも血だまりが出来るほど瀕死の重症を生き残り、チャリティー病院で目を覚ましたハリエットへ質問をします。

犯人の姿は、若くて黒かった。

そう述べたことから、店の従業員であったアフリカ系アメリカ人、ルイス・オビコンを逮捕しました。

しかし、オビコンから証拠は一切出てこず。

しかもその後、ハリエットは「ボスマーに襲われた」と証言を変えます。

どうやってハリエットを襲い、自分の頭蓋骨を骨折をしたのか。

結局この発言は、メディアを沸かせるだけ沸かせておきながら、事件解決にはつながりませんでした。

事件の複雑さは増す一方です。

 

続々と出てくるアックスマン被害者

1918年8月5日早朝には、就寝中の妊婦アンナ・シュナイダーがベッド横に立つ人影で目を覚ましたのちに

鈍器でボッコボコに殴られています。

頭皮は切れて、歯は複数本折られ、顔は完全に血まみれ。

 

それでも2日後に、健康な女の子を出産したそうです。

  

その数日後にはジョセフ・ロマーノというイタリア食料品店の店主がまったく同じ手口に会いました。

残念ながら、ロマーノは息を引き取っています。

 

パニック拡大

まぁこの頃には街は大パニック

家族は寝る際に見張り番を立て、街をうろつく際にはショットガンを手放さず、犯人逮捕のニュースを待ちます。

犯人らしき人が見つかったと聞けば、マンハント部隊が組織されて市民を襲撃。

バックフェンスを飛び越えた男を見たら、すぐに捜索隊が結成される。

街全体が、恐怖に取り付かれていました。

 

警察に通報された多くの事件は、地域住民のパニックによるものでしたが、アックスマンの犯行だと思われるモノは以下になります。

 

1919年3月10日、チャールズ・コルティミリアおよび妻と娘

娘は殺害され、生き残った2人は頭蓋骨骨折。

凶器の斧は家の裏庭で発見。

妻は証言で、黒人イオランド・ジョルダーノ(69歳)とその息子フランク(18歳)に攻撃を受けたとされた言ったが、イオランドは病気を患っており事件を起こせない状態。

息子は身長6フィート、体重200ポンドの巨漢。大きすぎて裏口に入れない体格。

それでも警察は二名を殺人で起訴、フランクは絞首刑、イオランドは終身刑に処される。

その一年後に妻は、”子供”に関する嫉妬から、嫌がらせで2人を告発したと発表。

イオランドは釈放されました。

 

犯人からの手紙

コルティミリア家の事件がアックスマンによる物だという”裏づけ”は、事件後に警察へ届けられた一通の手紙でした。

内容は

March 12, 1919

地獄より尊敬を込めて:アックスマン

彼らは私を捕まえたことはなく、またこれからも捕まえることはない。私の姿を見た物はいない。さながら地球を取り巻くエーテルによって作られた透明人間のように。

私は人間じゃない、地獄から来た悪魔か幽霊だ。

私はニューオリンズの馬鹿な警官たちがアックスマンと呼ぶ者だ。

ターゲットを見つけたら、次の犠牲者の所へ行くよ。

彼らは”そうされたがっている”のを私だけが知ってるからね。

現場に置いた血まみれの斧以外、私の痕跡は残していない。

自分に危害が及ばないようにしたいなら、警察へ通報するといい。

もちろん、私は合理的な悪魔だ。罪を犯していない人間は裁かない。

犠牲者が過去に起こしてきた罪は、悪の権化”フランシス・ヨーゼフ”を呼び出すほど愚かなものだ。

次の犠牲者も俺を探すな。なぜなら彼らがアックスマンの怒りを避ける唯一の方法は”生まれなかった事”だけだから。

私は警告する必要があるとは思えない。なぜなら今までと同じく警察が私を捕まえられないと確信しているからだ。

 

間違いなくニューオリンズ全体が私のことを”最恐の殺人鬼”としてみているだろう。毎晩街に現れることも出来る。私は死神と繋がっているから、町の何千もの市民を殺せる。

 

さて、来週の火曜日夜12時15分ちょうどに、私はニューオリンズへ降り立つ。憐れみから、あなた方に少しヒントを与えましょう。

ここです:

私はジャズ音楽が大好きで、ジャズバンドをやっている家は被害を免れることを悪魔に誓う。

もしジャズバンドをやっている家族がいるなら、その人にとっていいことだろう。

一つだけ確かなのは、火曜の夜にジャズをやっていない人間のところに、斧はやってくる。

 

よし、タルタロスの暖かさが恋しいくらいに寒いな。

時間がきたからここまでだ。

君がコレを公表すること、そしてそれが上手くいくように。

そして今までもこれからも、私がこの世に存在する最悪の存在だと信じてもらえることを祈って。

ーーアックスマン

 

手紙後の事件

1919年8月10日には、スティーブ・ボカという食料品店店主が寝室で攻撃を受け頭蓋骨骨折、隣人の家にたどり着き、救命。

1919年9月3日、サラ・ローマン

十度の頭部外傷と歯の欠損。

1919年10月27日、マイク・ピネトーネ

頭部損傷で血だまりの中発見。部屋全体に血が飛び散っていた。

 

しかし、この事件を最後にアックスマンは消息を絶ちました。

 

どの犯行現場からも盗みの形跡は見つからず、現場に残されている斧からも犯人特定には至らず。

ターゲットの多くはイタリア系食料品店の経営者であり、イタリアに関する何かに恨みをもつ犯人の犯行と考えられます。

犯人が犯行を止めた理由は、いったいなんだったのでしょうか。


Warning: file_put_contents(): Only 0 of 86 bytes written, possibly out of free disk space in /home/gandalf/gandalfnet.com/public_html/wp-content/plugins/ewww-image-optimizer/common.php on line 9466