アーサー・ショークロス②:オーラルセックス大好き男は、何度も現場に舞い戻る。

アーサー・ショークロス②:オーラルセックス大好き男は、何度も現場に舞い戻る。
Pocket

どーも皆さんこんばんわ。

ゲーム探偵でおなじみ、ガンダルフと申します。

 

それでは前回の続きを。

 

アーサー・ショークロス

(1945年6月6日- 2008年11月10日)

 

本名:アーサー・ジョン・ショークロス

通称:ジェネシー・リバー・キラー

 

セックスの仕方

ベトナムで囚われたベトコン市民に対しての、ショークロスのセックスはとっても特殊。

なんてったって、「痛みを伴わないとオーガズムに至れない」んですから。 

カミソリの刃を、もう取り出せなくなるほど膣の奥底に仕込み、ペニスを切りつけながら楽しみます。

時には女性の膣に消火栓のホースを入れ、水をぶっ放します。

ほとんど即死だそうです。

 

サディストでありマゾヒストのダブル性癖を、思う存分楽しんだようですね。

狂ってます。

 

放火事件から出所後

1971年、2件の放火の罪により懲役5年を宣告されていたショークロスですが、刑務所内で起こった暴動から警備員の命を救ったことが功を奏し、早期釈放されることになりました。

 

新しい人生を始めるためにウォータータウンへ戻り、公共事業部で便利屋として働き、3度目の結婚をします。

ペニー・ニコルは彼と性的関係を持っていた、姉妹のジェニーから紹介されました。

ジェニーが恋人との子供を妊娠したことにより、ショークロスとのプレイを楽しめなくなったからだとショークロスが主張しています。

 

結婚から8ヵ月後、事件は起こります。

 

ショークロス、シャバでの殺人

1972年6月4日、ショークロスの家の近所にすむメアリー・ブレイクという女性が、夜遅くになっても帰ってこない息子ジャック・ブレイク(10歳)を探していました。

ショークロス自身にも「息子を見なかったか?」と聞いていますが、「朝から彼には会っていない」と答えています。

 

しかし、この失踪はショークロスの手によるものでした。

 

少年を「釣りに行こう」と誘い出し、深い森に連れて行った後

全裸にして、森の中で命がけの鬼ごっこ

捕まったジャックはもちろんレイプされ、首を絞めて頭を殴打し殺害します。

 

その後

チンコと心臓を取り出し、お食事タイム

遺体は森に埋められました。

 

その3ヵ月後

 

警察がジャックの捜索をしている最中に、カレン・ヒル(8歳)がブラックリバー近くの橋の下で死んでいるのが見つかりました。

 

可哀想にこの少女は、例の手口でアナルまで犯されており、絞め殺されていました。

 

その後ジャックとカレンの事件の日、両件共にショークロスとの目撃例があったことから、ショークロスが容疑者に挙がります。

 

遺体近くの橋でアイスクリームを食べていたショークロスを、警察はピックアップし尋問を行いました。

 

尋問の結果、罪を告白したショークロス。

実は、カレンの現場である橋の近くにいたのは

カレンの遺体でオナニーするためでした。

 

二度目の刑期

25年の懲役刑を宣告され、刑期が始まった最初の8年間は大変な物でした。

刑務所内には「犯罪序列」というものがあり、「小児性愛と小児殺人」は序列の中でも最下層。

虐げられること間違いなし。

他の囚人からボッコボコにされないよう、自分の身を守ることで精一杯だったようです。

 

刑務所内で行われた精神鑑定テストでは、神経学的障害はまったく見られず健常者そのもの。

刑期中に高校卒業の資格を取得、ペンシルベニア州立大学の通信コースへ入学し、「自分自身を改善すること」を続けました。

 

結果として多数の反対はあったものの、1987年3月には「再び社会に出るのにふさわしい」と早期釈放の資格が与えられます。

しかし彼の存在はとっくに知られており、近所の人や職場に受け入れられないショークロスは、妻のローズマリーと共にニューヨークのデリーに引越し。

そこでも後に迫害を受け、ニューヨークのロチェスターへ移動。

そこでやっと、自分の居場所を見つけます。

 

連続殺人開始

1988年3月から2年間、ショークロスはその土地の娼婦たちを中心に計12人を殺害します。

 

1ドロシー ・”ドッツィー”・ブラックバーン27歳1988年3月18日(失踪)1988年3月24日(発見)
2アンナ・マリー・ステフェン281988年7月9日1988年9月11日
3ドロシー・キーラー591989年7月29日1989年10月21日
4パトリシア・パティヴ・アイブス251989年9月29日1989年10月27日
5ジューン・ストット301989年10月23日1989年11月23日
6マリー・ウェルチ221989年11月5日1990年1月5日
7フランチ・ “Franny”・ブラウン221989年11月11日1989年11月15日
8キンバリー・ローガン301989年11月15日1989年11月15日
9エリザベス ・”リズ”・ギブソン29年1989年11月25日1989年11月27日
10ダーレン・トリッピー321989年12月15日1990年1月5日
11ジューン・シセロ341989年12月17日1990年1月3日
12フェリシア・スティーブンス201989年12月28日1989年12月31日

 

ドロシー・ブラックバーン

アンナ・ステフェン
ドロシー・キーラー
パトリシア・アイヴス
フランチ・ブラウン
マリア・ウェルチ
ジューン・ストット

ジューン・シセロ

 

どこが再び社会に出るのにふさわしかったのか 。

 

しかも、遺体が発見されるまで何度も現場に舞い戻り

腐った遺体とセックス。

肉を切り取っては食べ、持ち帰る。

 

ジューン・シセロの遺体が見つかった1990年1月3日の2日後、ショークロスは警察から目をつけられていました。

 

ショークロスは、サーモンクリーク川の橋の上で車を止めていました。

ヘリから見えたのは衝撃の場面

上空から見た川の中に、「氷付けの遺体」の輪郭が見えていました。


ダーレン・トリッピー の遺体

ショークロスを追いかけて尋問する警察。

尋問は長期にわたり、コレに根負けしたショークロスはついに犯行を認めます。

 

ショークロスは計250年の刑に処されましたが、2008年11月10日早朝足に痛みを訴えた後、心臓発作により自然死。

 

2度目の刑期が早期に解消されたことは、全米の司法制度に対する多大な批判に繋がることになりました。

 

 


Warning: file_put_contents(): Only 0 of 86 bytes written, possibly out of free disk space in /home/gandalf/gandalfnet.com/public_html/wp-content/plugins/ewww-image-optimizer/common.php on line 9466