幼さの答え合わせ

Pocket

 

 

---導入---

 

1960年代

安保闘争を筆頭に、違憲の改正や汚職外交の払拭という大義名分の下に行われた、「学生運動」が衆目を集めていた時代。

冬も半ばを過ぎた頃、あなた達4人は所属していた新左翼団体に命じられ、製薬会社社長の息子であり当時小学3年生だった「少年A」を拉致し、身代金を強奪する活動資金獲得計画に参加しました。

管理者不在になっていた河川敷の小屋を利用して少年を監禁し、身代金回収後に解放するというもっとも単純な計画でした。

しかし、この計画は失敗に終わります。

計画序盤の夜、少年の姿が忽然と消えてしまったのです。

あなた達は逃走後、幹部命令により長期の国外逃亡生活に入りました。




公訴時効が成立した16年後、顔も知られておらず世間も事件に興味を失ったと判断し、あなた達は日本へ帰国します。

しかしおかしなことに、事件から16年が経過した今でも

少年Aが姿を現したというニュースが発表されていないのです。



少年は、どこへ消えてしまったのか。



あなた達はそれを探るために、あの頃行きつけだった喫茶店で16年ぶりに集いました。

 

 

 

 

 

---ゲームの目的---

 

このゲームは、16年前に消息を絶った少年Aの行方を明らかにすることを目的とした、ロールプレイングゲームです。

プレイヤーであるあなた方は、協力して少年Aの行方を明らかにしてください。

また、犯人役には「あなたが犯人役です」と明記してありますので、犯行がバレないように立ち振る舞ってください。

 

※これは、ロールプレイを楽しむことを目的とした作品です。

ポイントなどはありませんので

ロールプレイがもっとも上手だった方を

勝者にするのがよいでしょう。

 

 

 

準備が整いましたら、プレイヤーの皆さんで次のページへ移行してください。

 

「ゲームの準備」

 


Warning: file_put_contents(): Only 0 of 86 bytes written, possibly out of free disk space in /home/gandalf/gandalfnet.com/public_html/wp-content/plugins/ewww-image-optimizer/common.php on line 9466